FX(外国為替証拠金)の基本

FX(外国為替証拠金)の基本

当サイトについて

『FX』あるいは『外国為替証拠金取引』という言葉を聞いたことがありますか?

 

この言葉は、為替に関する言葉で「外為」「Forex」「FX」と様々な単語がでてきますが、実はこれらの言葉は全て『外国為替』を表しているものです。

 

株の取引などでもそうですが、FXを始めてみるといままで見たこともないような単語に出会うことが増えてくると思います。

 

つまりFXを始めるにあたって、知っておかなければいけないことがたくさんある、ということですね。

 

当サイトではこれらの単語によって混乱をしないように、今後『FX』と呼び方を統一させていただき、FXに関する基礎的な用語や知識についてのご紹介をしていきたいと思っています。。

おちんちんの毛というものは、子供のころは、生えてくると恥ずかしかったり

するものですし、ある程度生えてくると、今度はしっかり生えて欲しかったりします。

そして大事な部分を保護してくれる役割もある結構大事な毛だったりします。

 

しかしその毛は、包茎との関係としては敵になっているかもしれません。

 

それは、おちんちんの毛が皮の間に入り込んで痛くなることがあるからです。

 

朝大きくなったり、気温の変化で伸びたり縮んだりするおちんちんですが、

仮性包茎の場合は、そのたびに毛を巻き込んでしまう恐れがあります。

少々挟んでも特に何も問題ない、ということもあれば、なんか妙に痛い感じがして

気になってしまうということもあります。

 

それが嫌で、包茎治療包茎手術を考えるという人も、もしかしたらいるかもしれません。

 

そういう刺激と言うのは、ある意味必要だと言う情報もあったりしますが、

そういう状況が他に影響してしまうのであれば、なんらかの対策が必要になります。

 

包茎治療包茎手術を受けてそれが改善されて、仕事や生活に集中できるのであれば、

そういう選択肢も合っていいと思います。

前のページでも紹介しましたが、スワップポイントとは、金利の低い通貨を金利の高い通貨に交換し、保有することでその金利差を調整する『金利調整』のことをいいます。

 

ここで気をつけなくてはならないのが、スワップ金利は受け取るばかりではない、ということです。

 

たまたま金利の高い「ドル」を買っているので、投資家には利益が発生していますが、反対にドルを使って金利の低い「円」を買った場合(=「ドル」を売った場合)は差額の2万円を支払うことになります。

 

スワップ金利そのものも通貨の需給関係によって変動しますし、相場変動によって「預けた資金+受け取ったスワップ金利」異常の損失が発生する可能性もあるので、その点をしっかりと抑えておかなければなりません。

 

金利差の大きい通貨ペアほどスワップポイントが大きくなります。

 

値動きでの損益に比べると、確かに小さなものですが、通貨の金利差にも気を配りながら投資するのもトレーダーとして大切な心がけです。

 

FXの場合は、外貨預金などの金利と違って、1日毎に利息を受け取ることができるのも特徴といえます。

通貨の売買で利益を得るだけでなく、通貨の交換によってそのスワップポイントというものを受け取ることができるのも、FXの魅力のひとつです。

 

スワップポイントとは、金利の低い通貨を金利の高い通貨に交換し、保有することでその金利差を調整する『金利調整』のことをいいます。

 

ここで、例をあげてスワップポイントの説明をしましょう。

 

例えば、1ドル=100円のレートで「ドルの金利が3%」「円の金利が1%」だったとして、FXで1万ドルを購入したとします。

 

この時、100万円を借りて購入することになるので、100万円の借金に付く利息(1%の金利)が1万円、 買った1万ドルを預けた時に発生する利息(3%の金利)は300ドルです。

 

金利はこれらの“円”と“ドル”両方にかっていることになります。

 

この時、100万円を借りて購入することになるので、100万円の借金に付く利息(1%の金利)が1万円、 買った1万ドルを預けた時に発生する利息(3%の金利)は300ドルです。

 

金利はこれらの“円”と“ドル”両方にかかっていることになります。

 

この時、300ドル=3万円なので、受け取る金利3万円から支払う金利1万円を引いた2万円が利用者の手に入る利益になります。

先ほどもご紹介しましたが、取引通貨ペアとは売買する2国通貨の組み合わせを言います。

 

FX取引で主な通貨と言えば、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、カナダドル、ニュージーランドドルあたりがメインで扱われています。

 

もちろんスイスフランや中国元、韓国のウォン、南アフリカのランドなど、それ以外の通貨を多彩に扱っている会社も多いです。

 

FXは売買が同じタイミングであっても、売値と買値が別のレートで存在していて、この売値と買値が別々に存在していることを“2wayプラス”または“2wayクォート”と言います。

 

売買の際には売値と買値をしっかりと確認し、間違えないように十分注意しましょう。

『通貨ペア』、『取引通貨ペア』とは売買する2国通貨の組み合わせを言います。

 

FXは、ほかの外貨投資に比べて取引通貨の種類が圧倒的に多いところが特徴です。

 

取引通貨の種類が多いということは、為替の変動も多種多様といえ、金利も高いものから低いものまで様々ということです。

 

つまり、通貨の種類が多いということは、利益の見込めそうな通貨への投資ができるのでチャンスが豊富にあるので、スワップポイント利益獲得のチャンスが増えると言えます。

 

FXに慣れてくると、円と外貨の組合せだけでなく、外貨同士の組合せでペアを組んで更なるハイリターンを得たりすることも可能になります。

 

外貨と組み合わせの特徴をしっかりと把握さえすれば、様々な通貨で多種多様な組み合わせができるため、利益を手に入れるチャンスを確実にし、賢い増資ができるようになります。

外国為替(FX)について一番身近な例を挙げてみると、海外旅行の際、日本円を現地の通貨にするとき、例えば、アメリカなら日本円をドルへと換金しますね。

 

この換金、すなわち通貨同士の交換もFXなのです。

 

ドルと円を交換するためにはそれぞれの通貨の価値が分からなくては配分ができません。

 

その価値をを割り出すために数字を用いて『レート』というものが存在します。

 

レートは「外国為替レート」や「交換レート」と呼ばれ《1ドル=112円20銭》などと表されます。

 

このレートは世界中の銀行同士や仲介業者を通じた取引によって決められています。

 

「FXのマーケットは眠らないと」いわれることがあるのですが、これはFXのレートが株式市場と違って24時間変動し続けていることからそう呼ばれ、この24時間動き続けるレートこそ、FXの最大の特徴とも言えます。

最新ニュース

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 債務整理
  • 美容皮膚科

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 外国為替(FX)とは 通貨ペア 外貨の種類 参考例 スワップポイント スワップ金利の落とし穴